35歳からの社内SE転職でアピールできるスキル・経験3選【現役採用担当が解説】

35歳からの社内SEへの転職でアピールできるスキル・経験

 35歳以上で社内SEへの転職を目指すとき、どのようなスキルや経験がアピールできるのでしょうか?この記事では現役の中途採用担当(書類選考・面接)の視点で解説します。

この記事でわかること
  • 35歳以上で社内SEを目指すときにアピールできるスキル・経験
  • なぜ、即戦力が求められるのか?
R35 管理者の転職プロフィール
  • ITエンジニア職の中途採用を担当(書類選考、面接)
  • 文系大卒業後、国内大手SIerに就職
  • MBAでマネジメントやHR領域を学ぶ
  • 35歳をすぎて倍率200倍の私立大学職員へ転職成功
  • 情報システム部門で管理職&プロジェクトマネージャ
目次

情報システム部門に育成する余力はない

 IT業界の新卒採用は非常に門戸が広く、文系学部卒でも大手SIerや外資系ITコンサルに就職することが可能です。これにはいくつか理由があります。① 新卒採用はポテンシャルを重視すること、② IT業界が慢性的な人材不足であること、③ 人月商売のため研修を受けさせれば売上が立つ見込みがあること、などがあります。

 一方、35歳でかつ情報システム部門への転職となると、まったく様子が異なります。35歳をすぎると即戦力が求められます。そのため、IT業界や情報システム部門での一定の実績が求められます。さらに、情報システム部門はSIerと異なりコスト部門のため、最低限の人数しかいないケースが非常に多くあります。その結果、現在多くの情報システム部門では『人材を育てる余力がない』状態です

 そのため、あなたが35歳以上で社内SEを目指すなら、つぎのポイントをアピールできると一気に書類通過率が高まると考えられます。

アピールすべきポイント
  • IT業界、あるいは情報システム部門での実績
  • 転職先での教育が最低限で済む、むしろ教育がなくても自走しますよと言える

35歳で社内SEになるとき有利な3つの経験

 では、具体的にどのようなスキル・経験がアピールできれば中途採用選考で有利になるのでしょうか?採用選考を担当する立場ではつぎの3つのスキル・経験がアピールになります

経験① SIerでの経験

どんな経験?

 SIerでの経験は社内SEに求められるスキルの多くを養える場であるため、十分アピールになります。SIerといっても非常に幅広い職種がいますが、例えば、つぎのような経験です。

アピールできるSIer経験
  • コーディングからテックリードまで務めたような技術系の経験
  • 機能設計から要件定義まで務めたような業務系の経験
  • ネットワークやサーバなどのインフラの設計/運用経験
  • プロジェクトマネジメントの経験

なぜ有利なのか?

 なぜSIerでの経験が有利なのか、一言で表すなら「似たスキルが社内SEでも求められるため」です

 特にプロジェクトマネジメントや要件定義などのスキルは社内SEにとって必須とも言えるスキル・経験のため、すでに持っていれば志望企業側にとっては採用のメリットが大きくなります。さらに、プロジェクトマネジメントや要件定義のスキル・経験はお勉強だけで獲得できるものではありません。これらのスキルは実践して身につく側面があるため、転職後に身につくかどうかわからない研修を受けてもらうよりすでに持っている方が確実だと志望企業側は考えます

プログラミングとかテクニカルなスキルは評価されない?

もちろんアピールできます。特に自前で業務アプリを開発するようなタイプの情報システム部門であればアピールになります。

 このあたりは志望企業の情報システム部門のタイプによってアピールすべきスキル・経験が異なります。『35歳以上が書類通過率アップしたいなら、『社内SEのタイプ』を分類しよう!』でタイプ分けしてからアピールできる経験を絞り込みましょう。

経験② 社内SE経験

どんな経験?

 現職や前職で社内SEとして情報システム部門に勤務した経験があれば、社内SEへの転職においてアピールすることができます

 35歳以上となると、情報システム部門で管理職の経験があるとさらにアピールになるでしょう。

なぜ有利なのか?

シンプルに志望企業側・本人側の双方で期待値にギャップがないのが有利な点です。

 SIerやその他の業種から情報システム部門に転職すると、転職前に抱いていた理想と現実とのギャップに失望するケースがあります。例えば、「企業のデジタル戦略やシステム化戦略が策定できる」と華やかなイメージを持って転職してきたのに「毎日システムの運用・保守をやらされている…」「一人情シスで辛い…」と落胆するようなケースです。

 募集しているポジションによって業務内容は異なります。現職や前職で情報システム部門に勤務した経験があれば、どのような業務を行うのか、自分に期待されているのはどのようなポジションなのかを理解したうえで転職してくるため、理想と現実のギャップが発生しにくいのです

 また、当たり前の話ですが、情報システム部門での経験があれば、志望企業側も即戦力として安心して採用することができるのもアピールできる理由の一つです。

経験③ 同業でのDX経験

どんな経験?

 同業他社で業務改革プロジェクトやDXプロジェクトを推進するリーダーや担当者としての経験があれば、転職においても十分にアピールできます

 その場合、必ずしもITエンジニアである必要はありません。企業によっては業務改善やDXの推進をエンジニアではなく、業務部門出身の人材が担当するケースがあります。業務部門に在籍しながら推進するケースと情報システム部門に異動して推進するケースがありまちまちです。このような場合、募集要項にどのポジションで、どのような業務改革・DXを推進する人材を求めているのかをしっかりと確認しましょう。

他業種のDX経験はアピールできない?

アピールできますが、少し工夫が必要です。

 他業種での業務改革やDX推進の経験を持っている方は、そのスキル・経験が志望企業の業種においても応用可能であること、即活用できることをセットでアピールしましょう

なぜ有利なのか?

 情報システム部門には、DXをはじめとする業務改革を得意とする人材が必ずしも潤沢にいるわけではありません。なぜなら、業務改革は毎年のようにあるわけではなく、「前回は5年前・10年前だった」という場合、その経験を持っている人材はすでに部長職だったり、異動・退職でいなくなっているからです。

 そうすると「昨年、その分野の業務改革を経験しました」という同業他社の人材は喉から手が出るほどほしい経験なのです

まとめ

 この記事では、35歳以上で社内SEへの転職を目指す場合にアピールできるスキル・経験をご紹介しました。転職を考えている方で、マッチするスキル・経験をお持ちの場合は、志望企業の情報システム部門のタイプ分けをしたうえで、転職エージェントに相談することをおすすめします。

35歳からの社内SEへの転職でアピールできるスキル・経験

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

役に立ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次