35歳以上のSIerやSES必見!社内SEに転職する5つのメリット!

35歳以上のSIerやSES必見!社内SEに転職する5つのメリット!

 SIerやSES企業で35歳を超えると、将来の不安があったり社内での将来のポジションが見えてきたりする時期ですよね。そこから将来の待遇を劇的に変えるのは、これまでの努力以上に大変なことです。

 でも現在の待遇に不満がある方なら、社内SEに転職するという選択肢で将来の待遇を劇的に変えることが可能であるケースが多くあります。

 この記事では35歳をすぎたSIer・SESに所属するエンジニアに向けて、社内SEに転職するメリットについて解説します。

R35 管理者の転職プロフィール
  • ITエンジニア職の中途採用を担当(書類選考、面接)
  • 文系大卒業後、国内大手SIerに就職
  • MBAでマネジメントやHR領域を学ぶ
  • 35歳をすぎて倍率200倍の私立大学職員へ転職成功
  • 情報システム部門で管理職&プロジェクトマネージャ
目次

社内SEとは

 社内SEとは、企業や組織の中の情報システムに関わる企画・計画・導入/構築・保守/運用までを担当するシステムエンジニアのことです

 社内SEの仕事内容は企業や組織によってその役割分担が異なります。例えば、プログラミングまで社内SEが行う(内製する)場合もあれば、システム企画と導入プロジェクト管理だけという場合もあります。ここでは概ねつぎのような業務を行うんだという理解でOKです。

  1. システム戦略策定
  2. システム企画
  3. システム導入(システム開発含む)
  4. システム保守/運用
  5. PC等のIT資産管理
  6. ネットワークインフラ管理
  7. システム導入効果の評価
  8. 情報セキュリティ関連
  9. システムやPC、ネットワークのヘルプデスク
  10. デジタルトランスフォーメーション推進
  11. システム監査対応

 さらに、社内SEの仕事は所属する情報システム部門のタイプによって大きく異なります。例えば、すべて自前主義の情報システム部門もあれば、企画とシステム導入以外は委託するケースもあります。このあたりは『35歳以上が書類通過率アップしたいなら、『社内SEのタイプ』を分類しよう!』を参考にしてください。

メリット① 残業が少なくワークライフバランスがとりやすい

 社内SEに転職するメリットのうち、わかりやすいメリットとして残業の少なさがあります。

 doda社の調査『残業の少ない仕事・多い仕事は?90職種別の残業時間ランキング∼コロナ禍で残業時間はどう変わった?∼』では、社内SEの平均残業時間は17.0時間であり、90職種中23位の残業の少なさ、職種分類「IT/通信系エンジニア」の中では残業の少なさはIT業界の職種の中で堂々の1位でした。

全90職種中の
ランキング
職種平均残業時間
23位社内SE17.0
28位テクニカルサポート/ヘルプデスク18.0
35位品質管理(IT/通信)19.1
48位Webエンジニア21.0
49位ネットワークエンジニア21.0
55位インフラコンサルタント21.8
60位アプリケーションエンジニア22.0
71位研究開発/R&D(IT/通信)24.3
82位サーバーエンジニア26.5
83位ITコンサルタント(アプリ)27.2
doda『残業の少ない仕事・多い仕事は?90職種別の残業時間ランキング∼コロナ禍で残業時間はどう変わった?∼』から
IT/通信系エンジニアに絞り、xTech.tvが並び替えて作表

メリット② 社内にライバルが少ない

 社内SEに転職するメリットの2つ目は「社内にライバルが少ないこと」です。SIerやSESだと社内はツワモノだらけです。でも社内SEはそもそも社内でも特殊なポジションで、社内異動が少ないためライバルも少ない傾向にあります。

 特別、大きな契約をとってきたり、プロジェクトを大成功させて会社の売上に貢献する必要はなく、システムを安定的に運用したり、システム導入を通じて業務効率化やコスト削減に貢献することで会社から一定の評価を得られるケースが多いと言えます。

メリット③ 顧客からのプレッシャーが少ない

 SIerの場合、特に顧客からコスト削減と納期のプレッシャーにさらされる機会が多いものです。わたし自身もSIerにいた頃にはなんども品質、コスト、納期のプレッシャーと戦ってきました。ひとたび商用環境で障害など出そうものなら、とてつもないプレッシャーにさらされます。

 一方、社内SEは自分の裁量で納期を決められるケースが多く、自分の裁量でスケジュールも管理できます。社内SEに転職してプレッシャーが軽減されたという声はよく耳にします。

メリット④ 幅広い知識が身につきやすい

 社内SEは潤沢に人員がいるわけではないため、情報システム部門のタイプにもよりますが、1人が多方面の業務を担当することがよくあります。例えば、あなたがアプリケーションエンジニアだったとしても、社内SEに転職するとサーバやネットワークなどのインフラや認証、セキュリティまで担当したり、フェーズも要件定義からシステム保守までではなくシステム企画や導入後の投資対効果まで担当する場合があります。

 そうすると、必然的に求められるスキルは幅広くなり、あなた自身の知識や経験も幅広い領域・工程に渡るメリットがあります。これはあなたがもしも次に転職する場合の大きな資産になります。

メリット⑤ 給与水準の高い業界に転職しやすい

 SIerやSESなどの情報通信業は、全産業の中では比較的給与水準の高い業界です。ただ、社内SEに転職すればさらに給与水準の高い業界を狙うことが可能です。

 例えば、電気・ガスなどのインフラ業界や金融・保険業は情報通信業より給与水準が高いため、これらの業種の社内SEに転職することで現在よりもさらに高待遇を実現できる可能性があります。

まとめ

 いかがだったでしょうか?この記事ではSIerやSESから社内SEに転職することで期待できる5つのメリットについて解説しました。

社内SEに転職することの5つのメリット

  1. 残業が少なくて、ライフワークバランスがとりやすい
  2. 社内にライバルが少ない
  3. 顧客から品質・コスト・納期のプレッシャーが少ない
  4. 幅広い知識・経験が得られやすい環境
  5. 給与水準の高い業界への転職が可能

 すべてのメリットを狙うのではなく、上記の中にあなたが仕事を通じて得たいメリットが1つでも含まれている場合は、一度社内SEの転職エージェントを通じて情報収集してみると良いでしょう。転職エージェントに登録している人の中には「すぐに転職するつもりはないが、情報収集を目的にしている」という方もいらっしゃいます。一度転職エージェントに会って社内SEに関する情報を収集してみましょう。

おすすめの大手エージェント

 『マイナビITエージェント』は業界最大手クラスのため、①豊富な求人数、②非公開求人も多数あり、③キャリアアドバイザーにIT業界出身者が多いのが特徴です。

 他にもIT業界の転職サービスはありますが、まずは『マイナビITエージェント』に登録して間違いありません。IT業界の知識豊富なキャリアアドバイザーとの面談を持つことをおすすめします。

\  かんたん3分、会員登録(無料) /

おすすめ専門エージェント

 社内SEへの転職に特化した転職サービス社内SE転職ナビがおすすめです。社内SE(いわゆる情報システム部門)の形はユーザー企業ごとにさまざまです。プログラミングまでやる会社もあれば、ベンダー管理のみという会社もあります。
 『社内SE転職ナビ』なら①社内SEに特化したエージェントサービス、②カジュアル面談・オンライン面談を通じてそれら「ユーザー企業ごとの違い」についても情報収集ができる点がおすすめです。

\  かんたん30秒、会員登録(無料) /

 

35歳以上のSIerやSES必見!社内SEに転職する5つのメリット!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

役に立ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次