35歳以上が社内SEへの転職で年収アップする方法!決め手は●●選び!

35歳以上が社内SEへの転職で年収アップする方法!決めては●●選び!

 35歳以上で転職するなら、年収ダウンは避けたいですよね。生活もあるし、将来必要になるお金も気になるところです。あなたが社内SEへ転職して年収アップを狙うなら、重要なのは『業界選び』です。

 この記事では、なぜ業界選びが重要なのか、そしてどのような業界、どのような会社を選ぶべきなのかについて現役の社内SE中途採用の選考担当者の視点で解説します。

この記事でわかること
  • 35歳以上が社内SEへの転職で年収アップを狙う方法
  • 社内SEへの転職で年収アップを狙える業界、選んでは行けない業界
  • 年収アップを狙う場合の会社選びのポイント
R35 管理者の転職プロフィール
  • ITエンジニア職の中途採用を担当(書類選考、面接)
  • 文系大卒業後、国内大手SIerに就職
  • MBAでマネジメントやHR領域を学ぶ
  • 35歳をすぎて倍率200倍の私立大学職員へ転職成功
  • 情報システム部門で管理職&プロジェクトマネージャ
目次

年収は何で決まるか?

 年収はあなたの『市場価値』で決まります。同じコーラでも街なかだと100円程度ですが、観光地やホテルだと180円、極端な僻地だともっと高いでしょう。つまり、中身(=人材としての能力)は同じでも市場によってその価値が変わるのが市場価値です。

 では、その市場価値はどのようにして決まるのでしょうか?市場価値は次の要素で決定すると言えます。

市場価値の決定要素

市場価値 = 専門性 ✕ 専門性以外の経験 ✕ 業界での人脈 ✕ 業界の生産性

 『専門性』とはあなたが身につけた職種特有のスキルです。ITエンジニアの場合、技術的なスキル、プロジェクトマネジメントに関するスキル、システム企画や保守に関するスキルなどです。
 『専門性以外の経験』とは業務改革プロジェクトを推進した経験や組織マネジメントを任された経験、社内の制度設計を行った経験などです。
 『業界での人脈』とはあなたとビジネスをやりたいと言ってくれる仲間や信頼できるシステム開発の委託先です。
 そして『業界の生産性』とは、あなたが所属する業界の一人あたりの営業利益率と言い換えることができます。

 この4つの要素の中でも、もっとも影響が大きいのは『業界の生産性』だと言われています。例えば、同じ30歳でも生産性が高い金融業界なら1000万円の可能性がありますが、生産性が低めの業界なら200万円ということもあります(決して、生産性が低いから仕事内容に問題があるといった意図ではありません。むしろ社内SEという視点では仕事内容は似ています)。

 つまり、社内SEへの転職で年収をアップさせたいなら、生産性の高い業界=給与水準の高い業界を選択すべきなのです。

給与水準が高い業界/低い業界

 給与水準の高い業界、低い業界を判断するために国税庁の『民間給与実態統計調査結果』の「業種別及び年齢階層別の給与所得者数・給与額」を見てみましょう。

 35歳〜39歳を見ると、平均給与がもっとも高い業界と低い業界とでは2.5倍の差があります。業界全体でこれだけの差があるので、会社単位でみるとさらにその差は広いことが予想されます。つまり、どれだけ専門性や経験、人脈があったとしても業界選びを間違えると平均値で2.5倍もの給与格差が生まれてしまうのです。

スクロールできます
ランキング平均給与が高い業界平均給与が低い業界
1位711万円 電気・ガス・熱供給・水道業288万円 宿泊業・飲食サービス業
2位632万円 金融業・保険業 337万円 農林水産・鉱業
3位587万円 情報通信業374万円 医療・福祉
業種別及び年齢階層別の給与所得者数・給与額(令和2年調査)の数字を四捨五入

社内SEの仕事って業界によってそんなに違うの?

業界特有のシステムもありますが、社内SEの仕事や必要なスキルは似ています。それなのに年収に大きな差があるんです。

 例えば、社内SEの仕事の一部に人事給与システムや会計システムの導入/保守がありますが、これはどの会社でも必要です。もちろん、業界特有のシステムはありますが、社内SEに求められるスキルは大きく異なりません。同じような仕事をしていても業界によって給与はこれだけ異なるのです。

平均給与の高い企業規模/低い企業規模

 ちなみに、企業規模で見ると35歳あたりの平均的な給与はどのような傾向があるのでしょうか?民間給与実態統計調査結果』の「事業所規模別及び勤続年数別の給与所得者数・給与額」を見ると、勤続年数によって若干の相違はありますが、概ね企業規模が大きいほど平均給与が高いことがわかります。

平均給与の高い地域はあるが、可処分所得で判断すべき

平均給与が高い「業界」「企業規模」はわかりましたが、地域間格差については一概に言えません。もちろん東京を始めとする都市部の給与は高いのですが、家賃や物価など生活に係るコストが高くなるため、必ずしも「儲けが大きい」とは限りません。可処分所得が増えるかどうかで判断しましょう。

35歳以上が専門性と経験を身につける方法

でも平均給与が高い業界は転職の競争率も高いんじゃ?

はい、だからこそ「専門性」と「専門性以外の経験」を積む必要があるんです。まずは「専門性」を身につけましょう。

 専門性か、専門性以外の経験(業務改革プロジェクトを推進した経験や組織マネジメントを任された経験、社内の制度設計を行った経験)か、どちらを先に身につけるべきか悩む方がいらっしゃいますが、専門性を先に身につけましょう

 なぜなら、社内で専門性以外の経験を積むチャンスは「専門性を身につけた優秀な人」に回ってくるからです。業務改革プロジェクトも社内制度の設計も、こういったチャンスは社内でも滅多にありません。会社としては成功させることができる優秀な社員に任せたいと考えるものです。

 だからこそ、まずは仕事をつうじて専門性をしっかりと身につけましょう。また、仕事以外でも資格取得することで専門性を身につけることで、転職活動や社内の人選でアピールできます。中途採用の選考担当者の視点でおすすめできる資格を『管理職経験も専門性もない!35歳以上の社内SE転職志望者の狙い目資格4選!』にまとめていますので、ぜひご覧ください。

まとめ

 いかがだったでしょうか?この記事では、35歳をすぎてから社内SEへの転職で年収アップを目指す方を対象におすすめの業界と会社選びについて解説しました。年収は市場価値で決定され、市場価値に大きな影響を与えるのは「業界選び」です。

 業界選びは1人で悩むより、社内SE転職エージェントに相談するのが効果的です。業界の枠に縛られない狙い目案件の情報が収集できるケースもあります。社内SEへの転職を目指す場合のおすすめ転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ会員登録(無料)をしてエージェントとの面談で情報収集してください。

おすすめ専門エージェント

 社内SEへの転職に特化した転職サービス社内SE転職ナビがおすすめです。社内SE(いわゆる情報システム部門)の形はユーザー企業ごとにさまざまです。プログラミングまでやる会社もあれば、ベンダー管理のみという会社もあります。
 『社内SE転職ナビ』なら①社内SEに特化したエージェントサービス、②カジュアル面談・オンライン面談を通じてそれら「ユーザー企業ごとの違い」についても情報収集ができる点がおすすめです。

\  かんたん30秒、会員登録(無料) /

おすすめの大手エージェント

 『マイナビITエージェント』は業界最大手クラスのため、①豊富な求人数、②非公開求人も多数あり、③キャリアアドバイザーにIT業界出身者が多いのが特徴です。

 他にもIT業界の転職サービスはありますが、まずは『マイナビITエージェント』に登録して間違いありません。IT業界の知識豊富なキャリアアドバイザーとの面談を持つことをおすすめします。

\  かんたん3分、会員登録(無料) /

 

35歳以上が社内SEへの転職で年収アップする方法!決めては●●選び!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

役に立ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次